資格・就職
東京美容専門学校 > 資格・就職 > 先輩メッセージ >

先輩メッセージ ビューティーアドバイザー

先輩メッセージ ビューティーアドバイザー

RMK ビューティーコミュニケーター 木村 麗華

RMK ビューティーコミュニケーター 
木村 麗華

私がビューティーアドバイザーを目指そうと思ったのは、高校生の時に初めてデパートコスメを購入しに行った際に、美容部員の方がとてもキラキラして素敵に見えて、自分もこうなりたい!と憧れたのがきっかけでした。
それからは美容学校への進学を決めて、メイクの資格はもちろん美容師免許も取得できる学校を探し、わからないことがあれば先生方に聞きやすい少人数制の学校が良かったので東美に決めました。

学校生活は様々な資格を取るために内容の濃い授業が多く、あっという間の2年間でしたが、美容師免許の国家試験のためにクラスメイトの皆で実技試験や学科試験の課題を放課後も残って励ましあいながら勉強したのが思い出に残っています。
この仕事の魅力は本当に沢山ありますが、今一番感じているのは、RMKの商品を通してお客様がいつもと違う自分と出会えたことで喜んで頂く姿を見るととてもやりがいを感じますね。
お客様が私のことを覚えて下さって、店頭にまたお越し頂いた時は本当に嬉しいですし、この仕事をしていて良かったと思います。

ビューティーアドバイザーを目指すみなさんへ・・・

美容部員の仕事は他の接客業とは違い、より高い美容の技術と知識に加えて、接客スキルが必要とされる職業だと思います。
そのことを踏まえ、専門学校では基礎の肌知識の勉強やメイク技術をしっかりと身に着けておくと自分自身の自信にもなると思いますので頑張ってくださいね!


そごう大宮店 クリスチャン ディオールコーナー配属 榊田 雪乃

そごう大宮店 入社 
クリスチャン ディオールコーナー配属

榊󠄀田 雪乃

ビューティ コンサルタントは、大好きな化粧品に囲まれて
色々なお客様と出会える素敵な仕事!

私がビューティ コンサルタントを目指したのは、もともと化粧品やメイクに興味があったのと、私が化粧品を購入の際に対応して下さったビューティ コンサルタントさんがとても親切丁寧にお話ししてくれて感動したのがきっかけで、わたしもこういう仕事に就きたいと思いました。

東京美容専門学校を選んだ理由は、少人数制でしっかりと技術が学べると思ったから。とくにトータルビューティーコースはメイクやネイルの資格はもちろん、美容師免許も取得できるので私の希望をすべて満たしていたのも選んだ理由です。
在学中は様々な資格を取得するので検定も大変でしたが、先生方がいつも親身になって指導して下さったので心強かったです。

ビューティ コンサルタントを目指すみなさんへ・・・

この仕事をして思うのは、自分が憧れていたクリスチャン ディオールの化粧品に囲まれてたくさんのお客様と出会えることの楽しさと、お客様に感謝の言葉や笑顔をいただくたびに、自分自身も嬉しく、笑顔になれる素晴らしい仕事にめぐり合えたなと思います。
皆さんにも素敵なビューティ コンサルタントを是非目指していただきたいですね!


M・A・Cメイクアップアーティスト 片岡 純子

M・A・Cメイクアップアーティスト 
片岡 純子

お客様の「キレイになりたい」のお手伝いができる
M•A•Cメイクアップアーティストは自分も成長させてくれる 素敵な仕事。

私は昔からメイクやヘアスタイリング、ファッションなどに興味があり、 将来は美容に関する仕事に就きたいと思い、美容をトータルで学べる 東京美容専門学校に入学しました。
在学中は、ヘアやメイクだけでなく、ネイル、着付け、ブライダルなど 沢山の授業がありましたが、少人数制でしっかり学べ、先生方も親しみやすく、 おかげで学校生活が楽しく充実していたのを覚えています。

就職は以前から愛用していた化粧品M・A・Cのメイクアップアーティスト に就くことが出来ましたが、M・A・Cを選んだ理由は、お客様に似合う 化粧品を選んでくれるだけでなく、使用方法やメイクのテクニックなど 丁寧にアドバイスしてくれたり、いつもと違う自分を発見できてキレイに なれた時の感動が忘れられず、自分が感じたこの喜びを沢山のお客様にも 教えて差し上げたいと思ったのがきっかけでした。

ビューティーアドバイザーを目指すみなさんへ・・・

この仕事は、化粧品の種類や色など沢山ある中で、一人一人のお客様に 合うものをお選びし、アドバイス差し上げるという難しくスキルの 必要な仕事ですが、そのぶん、お客様がキレイになられ喜んでくださった時には とても嬉しく思いますし、なにより自分自身が幸せになれる素敵な仕事だと思います!


RMK チーフビューティーコミュニケーター 石川 みさと

RMK チーフビューティーコミュニケーター 
石川 みさと

私がRMKのビューティーコミュニケーターという職業を選んだのは、実は美容の世界に携わっていたいというよりも、それまで7年間RMKを愛用していまして、ただただRMKに入りたいという想い、それだけでした。

実際にこの仕事をしてみて思うことは、お客様が美しくなることで自信を持ってくださったり、笑顔になっていただけると、自分も本当に嬉しくなり、やりがいを感じられるということ。また、私がこの仕事に就けたことで、美についてさらに極めたいという想いが高まり、お客様だけでなく私自身も美に対する姿勢が変わったのは、この仕事の魅力なのかもしれません。

私に美容の基礎を教えてくれた東京美容専門学校を選んだのは、楽しそうな雰囲気と、一人一人を尊重してくれる校風が見学の時に伝わってきたのを今でも覚えています。在学中は、とにかく仲間と楽しく過ごしたのが思い出に残っていますね。

ビューティーアドバイザーを目指すみなさんへ・・・

この仕事は、はじめに覚えることも沢山ありますし、慣れるまでは大変な時もありますが、その何倍もの楽しさ、喜びがある仕事です。 皆さんも自分の美に対する想いを、沢山の人に伝えてあげてください。


RMK ビューティーコミュニケーター 志村 香織

RMK ビューティーコミュニケーター 
志村 香織

先生の存在が身近で、皆が仲良しでアットホームな所が素敵だと思い東美に通いました。
少人数制の授業でしっかり指導して頂き、メイクの楽しさや奥深さを知り、メイク関係の仕事に興味を持ちました。

メイクアップアーティストではなく、もっと身近にいる人の悩みに答え、提案できるビューティーアドバイザーの仕事に魅力を感じ、更に自分の好きなブランドで働くのが夢だったので今の職場を選びました。接客したお客様が綺麗になって喜んでくださったり、その方の悩みを解消できる改善策を一緒に考え、取り組むことによって肌のトラブルや悩みが解消されたときのお客様が喜ばれる表情は、何にも変えられない嬉しさがあり、やりがいを感じます。

ビューティーアドバイザーを目指すみなさんへ・・・

世の中には「ありがとう」と言われる仕事はたくさんあると思います。 そのなかで「美」のお手伝いをして感謝されることはとても嬉しいですし、とても魅力のある仕事だと思います。